fbpx

信頼の原則

トムソン・ロイターは信頼の原則を重視して、情報やニュースの収集と発信にあたって、独立性、高潔さ、公平性を維持しています。

信頼の原則 – 歴史

信頼の原則は、新聞出版社協会 (Newspaper Publishers Association) と当時のロイター株主との合意の下、第二次世界大戦中の 1941 年に策定されました。この原則は、ロイターとその従業員に常に高潔さ・独立性・公平性を持って行動するよう義務付けており、困難で細心の注意を要する職務をやり遂げるように体制を強化しました。

ロンドン株式取引所 (London Stock Exchange) と米国 Nasdaq に上場した 1941 年に策定して以来、ロイターの取締役と株主は信頼の原則を着実に守り、堅持してきました。この原則を定着すべく、独自の組織構成を構築しました。ロイターにおける「発起人株式」を保有するために新会社が設立され、「Reuters Founders Share Company Limited」と命名されました。

Thomson Reuters Corporation の定款では、トムソン・ロイターの取締役に職権を適切に遂行し、その他の取締役の義務を果たすことにより、信頼の原則に準じて職務を履行するよう義務付けています。

信頼の原則には以下が規定されています。

  1. トムソン・ロイターは、いついかなるときも、特定の勢力、グループまたは派閥に支配されない。
  2. トムソン・ロイターの高潔さ・独立性・公平性の原則は、常に完全に維持されるものとする。
  3. ロイターは、偏りのない信頼性の高いニュースを、新聞社、通信社、放送局、その他のメディア顧客、および企業、政府、機関、個人、またトムソン・ロイターが取引関係のある、もしくは関係を持つ可能性のある人々に対して提供するものとする。
  4. トムソン・ロイターは、メディアだけではなく、サービスを提供する多くの利害関係者に配慮するものとする。
  5. 国際的なニュースおよび情報ビジネスでの主導的立場を維持するために、ニュースおよびその他のサービス、製品の拡大、開発、改良に努力を惜しまないものとする。

Thomson Reuters Founders Share Company は、1984 年にロイターが上場した際に設立されました。Thomson Reuters Founders Share Company の取締役は、信頼の原則を最大限順守する義務を負います。

Thomson Reuters Founders Share Company の取締役は、政治、外交、メディア、公共サービス、ビジネスの分野で経験を積み、高い評価を得た人々です。取締役は指名委員会で選出され、Thomson Reuters Founders Share Company の取締役会に提案されて、任命を受けます。さらに、指名委員会には独自の特徴があります。欧州人権裁判所の裁判官 2 名が委員となり、候補者の適格性の精査を支援しています。指名委員会には、トムソン・ロイターの取締役会から 2 名、Thomson Reuters Founders Share Company 取締役会から会長を含む 5 名の代表が参加しています。その他の委員は、英国、オーストラリア、ニュージーランドの新聞協会の代表です。

取締役数は 14 名以上 18 名以下と規定されています。取締役は年 2 回以上会議に出席し、事業各分野の活動報告を受けます。取締役会には、トムソン・ロイター取締役会と上級経営陣の代表も参加します。当社との連絡は Thomson Reuters Founders Share Company 会長を通じて定期的に行われています。信頼と信用に基づく関係が維持されています。

トムソン・ロイターの独立性

信頼できる客観的なニュースと情報を提供する企業として、世界各地のお客様に信頼されています。

そのため、独立性と高潔さを確保し、特定の個人や関係者により生じる偏見を防ぐ特別なニーズが求められます。

トムソン・ロイターの信頼の原則は 1941 年に採択され、高潔さの維持、ニュースの信頼性、ニュースビジネスの発展、その他の関連原則もこれに含まれています。

今日、この原則は当社事業全体の基礎となっています。

ぜひご要望をお聞かせください。

ロイターの製品とサービスが、リアルタイムで最新ニュースや受賞歴のあるマルチメディアコンテンツを配信するのにいかに役立つかをご確認ください。