fbpx

リーダーシップチーム

Michael Friedenberg
ロイター・ニュース部門プレジデントMichael Friedenberg は、2018 年 12 月にトムソン・ロイターにロイター・ニュース部門のトップとして入社しました。入社以降、ロイターのメディア事業を全面的に指揮しています。メディア業界における B2B や B2C の成長促進や、デジタルトランスフォーメーションの推進で優れた手腕を発揮しています。ロイター入社前は、147 か国で事業を展開するメディア、データ、マーケティングサービス会社 IDG Communications 米国部門の CEO、IDG Enterprise の CEO 兼プレジデントなどを歴任した後、同社のグローバル CEO を務めていました。出身校はデラウェア大学の Lerner College of Business and Economics(ビジネス・ファイナンス学士)です。
Josh London

Chief Marketing Officer and Head of Reuters Professional

Josh London is the Chief Marketing Officer and Head of Reuters Professional. He is responsible for all aspects of marketing and data and analytics globally, in addition to leading Reuters Professional, comprising Reuters.com, Reuters Events and the Reuters Plus content studio.

London is an entrepreneurial executive with a proven history of creating and leading digital businesses and managing the digital transformation of established companies in both business-to-business and business-to-consumer markets. Prior to joining Reuters, London served as global CMO of IDG Communications, a technology media, data and marketing services firm with operations in 147 countries. Josh earlier founded and was managing partner of Salt Island Ventures, a marketing and management consultancy serving startups and established digital, media and entertainment clients. In the role of Chief Operating Officer of SX2 Media Labs he led the transformation of Computer Shopper magazine to a digital property, which was then acquired by Ziff Davis and Great Hill Partners.

With broad experience in general management, marketing, product, strategy, M&A and business development, London has held roles at a variety of leading media and technology companies including CNET, ZDNet, Ziff Davis, and Thomas Publishing Company.

Josh holds a B.A. in English from Boston University. He serves as a Senior Deputy: Media, Entertainment and Sport for the World Economic Forum. In 2016, London was honored as a Folio:100 C-Level Visionary.

Michael Young
最高技術責任者(CTO)Michael Young はロイターの CTO として、技術開発、アーキテクチャー、プラットフォーム、テスト、オペレーショナル・レジリエンスなどの技術戦略を統括しています。それ以前は、トムソン・ロイターのデジタルエクスペリエンス・プラットフォームの責任者として、デジタルプロパティ、e コマースサイト、セルフサービス分野を含むすべての技術と開発を担当していました。リスク関連製品の開発責任者として、同分野の主力製品である World-Check One に AI を組み込むプロジェクトを指揮した実績も有します。2017 年にトムソン・ロイターに入社する前は、Paycase と Architelos の 2 社で CTO を務めたほか、MaRS Discovery District では金融テクノロジー業界のアドバイザー、アフィリアスでは製品開発のバイスプレジデントを歴任し、GMP 証券では技術グループを設立するなどして活躍してきました。
Sue Brooks
ロイター・ニュース・エージェンシー プロダクト開発・戦略担当マネージング・ディレクター キャリア全体を通してニュース事業に携わってきた Sue Brooks は、英国の新聞、ラジオ、テレビで報道に従事してきました。現在は豊富な経験を活かしてプロダクトリーダーを務めています。BBC、AP 通信、Channel 4、ITN で編集職を歴任。特に ITN では同社を代表する News at Ten の編集を担当した経歴があります。ロイターの入社は 2015 年で、プロダクトのグローバルヘッドを経て、ロイター・ニュース・エージェンシーの暫定ヘッドに就任。そして 2019 年にはプロダクト開発・エージェンシー戦略のマネージングディレクターに就いています。コロンビア大学ジャーナリズムスクールの Sulzberger フェローです。
Alphonse Hardel
事業開発・戦略グローバルヘッドAlphonse Hardel は、ロイターの事業開発・戦略グローバルヘッドです。ロイターの全体戦略の定義と実施、戦略的パートナーシップの締結、オーガニックおよびインオーガニックな成長機会の特定を担当しています。それ以前は、ロイター・ニュースの通信部門で戦略と事業開発を指揮し、ロイターコネクトのパートナーシップ戦略の実施、新たなメディアパートナーの確保、デジタルビデオの新しい商業モデルの考案と立ち上げ、主要な顧客やパートナーとの契約交渉など、さまざまな重要プロジェクトで手腕を発揮してきました。ロイター入社は 2005 年です。
Alessandra Galloni

Editor-in-Chief, Reuters

Alessandra Galloni became editor-in-chief of Reuters in April 2021. She oversees all editorial functions across video, text, pictures, and graphics. She is the first female editor-in-chief in the organization’s 170-year history.

Previously, Galloni was global managing editor, overseeing news planning and creation, where she was responsible for overseeing the global dimensions of Reuters coverage and developing stories with a cross-regional focus. She first joined Reuters in 1996 for the Italian-language news service in Rome, later moving to the equities reporting team in London. She re-joined Reuters in September 2013 as editor of the Southern Europe bureau following 13 years at the Wall Street Journal, where she worked as a reporter, economics and business writer and editor, in London, Paris and Rome.

Galloni is the recipient of the 2020 Lawrence Minard Editor Award from the Gerald Loeb Foundation and the UCLA Anderson School of Management, one of the highest honors a business journalist can receive. She is also the recipient of an Overseas Press Club Award and a UK Business Journalist of the Year Award.

Galloni is co-author of “From the End of the Earth to Rome,” an e-book on Pope Francis. An Italian national, she is a graduate of Harvard University and has a Master’s degree from the London School of Economics.

Gina Chua

Executive Editor

Gina was named executive editor of Reuters in April 2021. Previously she was global managing editor of operations, managing editorial operations, budgets, administration, safety and security for a 2,300-person newsroom; she works closely with the data journalism and graphics teams, and with the technology and R&D teams to build newsroom capabilities and tools. At Reuters, she created the award-winning Connected China project, and drove development its social media verification tool, Tracer. Gina – then Reg – was previously Editor-in-Chief of the South China Morning Post, based in Hong Kong, and had a 16-year run with The Wall Street Journal, including as a Deputy Managing Editor in New York, where she developed its data journalism team, and as the longest-serving Editor of the Journal’s Asian Edition. She speaks regularly at conferences on trends in journalism. Gina is also involved in non-profit news, serving on a number of boards of such organizations.

Simon Robinson
報道局グローバル・マネージング・エディターSimon Robinson は、報道局のグローバル・マネージング・エディターです。2010 年からニュースサービスに携わり、ヨーロッパ、中東、アフリカでの調査と企業報道を 6 年間担当した後、イランやロシア、法人税、ギリシャの銀行、移民など数々の分野で報道部門を受賞へと導いてきました。2017 年から 2019 年までは EMEA 地域の地域編集者を務め、ニュース速報から予算までを統括しています。前職のタイム誌では、1995 年から 2010 年にかけて特派員兼編集者として、アフリカ、南アジア、中東、ヨーロッパの 50 か国以上を取材してきました。また、短編小説を出版してきたほか、アフリカの支援団体やジャーナリストを題材にした風刺映画をプロデュースし、賞を受賞しています。
Tiffany Wu
編集、キュレーション、出版部門グローバル・マネージング・エディターTiffany Wu は、編集、キュレーション、出版部門の総責任者であるグローバル・マネージング・エディターです。それ以前は、ロイターの南北アメリカの編集者として、米国、カナダ、ラテンアメリカのジャーナリストを統括していました。1998 年にロイターに入社し、香港支局にて経済と債券市場を担当。上海と台湾で支局長を務めた後、2006 年にニューヨークに移り、米国のテクノロジー、メディア、通信の取材チームを率いてきました。過去 10 年間は米国の企業ニュースを担当し、トップニュースの編集者、地域編集デスクの責任者を務めています。
Alix Freedman
倫理基準部門グローバルヘッドAlix Freedman は、ロイターの倫理基準を統括するグローバルヘッドです。主要な記事では記者や編集者と緊密に連携し、最終校正を手がけるなど、トムソン・ロイターの「信頼の原則」が定める高い基準を維持するための最終責任者です。また、出版後の問題にも対応しています。2011 年にロイターに入社する前は、ダウ・ジョーンズとウォール・ストリート・ジャーナル誌で影響力の高い記事を倫理監督し、その後はウォール・ストリート・ジャーナル誌で副編集長兼ページワン・エディターを務めていました。1996 年にタバコ産業に関する調査報道でピューリッツァー賞を受賞したほか、ジョージ・ポルク賞と 2 度のジェラルド・ローブ賞など、数々の受賞実績があります。出身校はハーバード大学(歴史と文学の学士)です。
John Pullman
ロイタービデオ & ピクチャーズ グローバル・マネージング・エディターJohn Pullman は、ロンドンに拠点を置くロイタービデオ & ピクチャーズのグローバル・マネージング・エディターです。各国に配置された 400 人以上のジャーナリストからなるチームを率いて、ロイターの顧客向けにビデオや写真を制作してきました。最初のキャリアは新聞記者ですが、テレビ業界での経験もあります。ITN で数多くの上級編集職を歴任し、2005 年には英語の衛星テレビ局アルジャジーラの創設者の一人としてカタールで勤務していました。ロイター入社は 2010 年でロンドン在住、3人の娘がいます。
Mike Williams
グローバル・エンタープライズ・エディターMike Williams は、2011 年からロイターのグローバル・エンタープライズ・エディターを務めています。米国、欧州、アジアに展開する 16 人の編集者や記者と連携して、グローバルエンタープライズ・調査事業を発展させた実績があります。この事業には本来の目的に加えて、世界各地の報道支局が調査・説明報道を重視するよう注意を喚起し、企業分野の執筆力を強化するようロイターの記者をトレーニングする目的もあります。ロイター入社前は、ウォール・ストリート・ジャーナル誌に日本特派員として入社してから 20 年近く勤務し、退社前は副編集長兼ページワンエディターを務めていました。この役職では、3 人の副編集長の 1 人としてニュースを日々監督し、紙面とオンラインの企業取材や調査プロジェクトを統括。ジャーナルの一面に掲載されるすべての日刊ニュースや特集記事などの選定と編集で手腕を発揮しています。在職中は、アシスタント外信部長、日本支局長、南ヨーロッパ支局長兼グローバルエネルギーエディター、ヨーロッパ版の編集者を歴任してきました。ウォール・ストリート・ジャーナル誌の前は、Business Tokyo Magazine、朝日新聞、ジャパンタイムズなどで要職を歴任。日本の官僚機構をテーマにした 5 部作のシリーズで、海外記者クラブ賞を受賞しています。
Jonathan Leff
金融ニュース戦略グローバル・エディターJonathan Leff は、ロイターの金融ニュース戦略を統括するグローバル・エディターです。ロイター最大の顧客である金融サービス会社リフィニティブと編集部門との間で、戦略的パートナーシップの維持と推進を担っています。また、インドのバンガロールとポーランドのグダニスクに拠点が置かれ、12 の言語で毎月何千件ものアラートやニュースを配信している戦略的報道局の責任者でもあります。カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、1998 年にリトアニアの現地特派員としてロイターに入社。その 2 年後にロンドンに移り、石油・商品市場における 15 年間のキャリアをスタートさせました。シンガポールとニューヨークの現地取材チームを率いた後、ロイターの商品担当グローバルエディターに就任し、世界中の 150 人以上の記者、コラムニスト、編集者の取材を監督しています。また、ニワトリを飼育しています。
Samia Nakhoul

Editor, Middle East

Samia Nakhoul has reported from the Middle East for almost 35 years. Samia began her career reporting on the civil war in her native Lebanon in the 1980s and has covered the Gulf War of 1990-91, the Egyptian Islamist insurgency against Hosni Mubarak in the 1990s, the first Palestinian-Israeli peace talks, the Israeli withdrawal from Lebanon in 2000 and the U.S-led invasion of Iraq in 2003. She also led the coverage of popular Arab uprisings, the toppling of four Arab presidents, the Syrian civil war and the fall of Mosul, Iraq’s second major city to Islamic State.

As Gulf Bureau Chief she reported from Baghdad throughout the U.S-led invasion of Iraq. While covering the war she was severely wounded when an American tank shell hit the Palestine Hotel, headquarters of the international press, and had to undergo brain surgery.

Samia won Reuters scoop of the year for breaking the news that former Libyan leader Muammar Gaddafi was captured with his son and then later killed. Her special report on the secret plan to take Tripoli was recognized as a finalist in the Pultizers that year. It told the inside story of the insurrection, the role of outside powers and the intelligence work that crippled the regime of Gaddafi and led to his collapse.

From Cairo, Nakhoul accompanied Yasser Arafat on his return to Gaza in 1994 after 42 years in exile.

Her exclusive report from Egypt in 1992 on an Islamist state-within-a-state in the giant Cairo slum of Imbaba won international acclaim. This was a story the Egyptian government vigorously denied before eventually sending 25,000 troops to dismantle it.

Samia was awarded the Chevalier dans l’Ordre national du Mérite, one of France’s highest honors, for her venerable career covering the Middle East, the world’s most troubled region. Along the way, she has picked up a number of distinguished journalism awards for her work, including a Courage in Journalism Award from the International Women’s Media Foundation, the International Council for Press and Broadcasting’s Peace Through Media award, among others. In 2015 she was the recipient of the Reuters Baron Award which recognizes an individual who exemplifies Reuters tradition of integrity, journalistic excellence, personal courage and expertise.

Alexandra Zavis
サハラ以南アフリカ担当リージョナル・エディターAlexandra Zavis はロサンゼルス・タイムズ誌を経てロイターに入社し、カナダ、メキシコ、シリア、フィリピンなど 5 大陸での取材を重ねてきました。キャリアを始めたのは南アフリカの新聞社で、初めて全人種参加の総選挙が実施された 1994 年のことです。その後 AP 通信に入社し、南アフリカの真実和解委員会と新憲法の起草を取材したほか、イリノイ州の記者、ニューヨークの国際デスクの編集者として、米国に駐在した経歴もあります。1999 年には西アフリカに移り、リベリア、シエラレオネ、コンゴ、ソマリアといった戦争で荒廃した国を取材。後年にはヨハネスブルグで AP 通信のニュース編集者を務め、米国のイラク侵攻を取材しました。2006 年にロサンゼルス・タイムズ誌にバグダッド特派員として入社し、後にカリフォルニア州に移り貧困や退役軍人の問題を取材しています。また、Foreign Desk のライター兼編集者も務めています。